2008年 07月 04日
ラスト・キング・オブ・スコットランド
c0043124_9414487.jpg主演したフォレスト・ウィテカーがアカデミー賞を受賞したのが印象的だった映画。タイトルと内容は知っていたものの、観る機会を逃してた。監督はドキュメンタリーで活躍していたケヴィン・マクドナルド。実際にあったフィクションとノンフィクションが折り混ざった作品です。

70年代のアフリカ。ウガンダが舞台。軍のクーデターによって大統領になったイディ・アミン。その主治医として側近となったスコットランド人は、彼が独裁者として変貌していくさまを目撃する。恐怖政治から逃れることもできず、やがて自身にも危機が訪れることになる・・・というストーリー。

イディ・アミンもスコットランド医師も実在の人物。医師はひょんなことから気に入られて主治医となる。もともとは海外青年協力隊とかでウガンダに来た人みたい。

男優賞を総ナメにしたフォレスト・ウィテカーが注目される映画ですね。でも、映画自体の出来栄えも完成度も高い、良作映画だと思うね。まあ、俳優がよくても映画がヘボかったら賞なんてもらえないよね。フォレスト・ウィテカー出演作はいろいろ観ているけど、やっぱ「スモーク」が印象的だったなあ。
[PR]

by soezimax | 2008-07-04 10:06 | 映画 / MOVIE


<< オーシャンズ13      ファンファン大佐っ。 >>