2008年 05月 27日
面白かったよ!レボリューション6
c0043124_112941.jpgベルリンを舞台にしたドイツ映画。2002年の作品だったね。監督はグレゴー・シュニッツラー。主演は「ノッキング・オン・ヘブンス・ドア」のティル・シュヴァイガー主演。この俳優さん、顔は覚えれても名前が覚えていられなかったなあ。

80年代に政治運動として過激活動していたグループ。15年前の活動時に仕掛け、不発だった爆弾が今になって建物をぶっ飛ばした!警察は捜査に乗り出し、いまもアナーキーな不法活動している男から、当時のフィルムを没収。そのフィルムには爆弾をしかけた6人の若者の姿が記録されていた。犯人とばれないうちに、なんとかフィルムを取り戻さないと!ということで、当時の仲間が再び結集するのだが・・・というストーリー。

うーむ、面白かった!スタイリッシュだよ。そしてヒューマンドラマもあり。いろんなところで共感できるし、最後まで楽しく観れました。これは隠れた名作だと思うなあー。
[PR]

by soezimax | 2008-05-27 11:45 | 映画 / MOVIE


<< 12人の怒れる男      TYPE2だよ、タイプ2。 >>