人気ブログランキング |
2008年 03月 21日
FIAT 500
c0043124_161742.jpg画像は京商の1/64ミニカーのFIAT500チンクチェント。60年代に作られたイタリアの大衆車。リアエンジン、リアドライブのレイアウトで、キャンバストップのパッケージ。もはやアンティークなクルマになっちゃったけど、レストアして走っている車両もたびたび見かけます。いいよね、好きだな、このクルマ。

で、このクルマが生まれ変わって日本デビューしました。すでにイタリアでは売られていたんだけど、今度は日本市場でも売り出すことに。スタイリング、イメージを世襲した2代目ということになるんでしょう。ただエンジンとかパッケージはいまどきのクルマになってますけどね。

c0043124_16333288.jpgこれが新しいFIAT 500 →

スタイリング、鋼板の継ぎ目あたりなんかイメージどおりよね。VWビートル、ニューMINIあたりと並べて、新旧スタイルレビューとかしたら面白そうだね。エンジンは1.2Lで直列4気筒、8バルブSOHC。51馬力で車重が1010kg。200台限定モデルは69馬力も出るよ。

このクラスだったら標準的な性能であろうか?国産だったら、もっと性能がいいクルマがありそうだけど。ビッツとかイストとか、デミオとかが競合車かな?まあ、性能でこのクルマを買う人はいないだろうけども。

ちなみにこのクルマはFFです。リアエンジンじゃないんだなー。どうも、このレイアウトまでは世襲できなかったみたいね。リアエンジンにして、フロントにトランクスペースとかあれば、「なんだこのスペア、丸坊主だよ」なんて言いながら荷物を出したりできるのにー。

by soezimax | 2008-03-21 16:45 | クルマ&バイク


<< 今週はひみつ学会です。      さしみさん、ご機嫌ななめ。 >>