2007年 05月 02日
K-PAX 光の旅人
c0043124_123054.jpgふとCATVで放映してた映画を、そのまま面白かったので観てしまいました。なにせケビン・スペイシー主演でしたし・・・。

主人公はK-PAXという星から来たという宇宙人(ケビン・スペイシー)と、収監した精神病院に勤める精神科医との交流の物語。自分は宇宙人だということで静止病院に収監されちゃうのですが、どうにもリアリティのある説得力のある話しかしないので、担当の精神科医は本当に宇宙人じゃないだろうか?と思いつつ、交流を深めていくわけです。精神科医のほうも家庭に問題を抱えてたりで、ついいろいろと話をしていく。やがて彼が自分の星に帰る日が知らされる。医者はそれまでになんとか正体を突き止めようと奔走するのだがー・・・といったストーリー。

地味な話だったけど、とにかくケビン・スペイシーが奥深い。そこに惹かれてしまいました。ストーリー的には「ヒドゥン」とか思い出しちゃったね。まあ「ウルトラセブン」も宇宙人が人間の姿で生活してたわけだし。
[PR]

by soezimax | 2007-05-02 12:19 | 映画 / MOVIE


<< フチコマ      中国四国物産展、ラストの一品。 >>