2009年 08月 29日
ワールド・オブ・ライズ
c0043124_1150167.jpgどうしても見てしまうリドリー・スコット監督作品。
主演はレオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ。
中東を舞台にした軍事と政治の現場を描くサスペンス映画。

イラクなど中東の現場で諜報工作活動をする敏腕CIA局員が主人公(ディカプリオ)。その行動をアメリカ本土から指示を電話で出すベテラン局員(クロウ)。ヨーロッパで大規模な爆弾テロが起こり、二人はその首謀者を追うことになる。姿を見せない首謀者に対し、現地諜報局の協力をあおぎながら捜査を進める。やがて、首謀者をおびき寄せるための奇策を思いつき、その作戦を実行に移すのだが・・・という物語。

サスペンスものというか、スパイものというか、刑事ものというか・・・なんかそんな要素が組合わさった映画ですね。全体に流れる緊張感というか、空気感が良いなあ。
あとラッセル・クロウの程よいおっちゃんぶりが良いです。
ふーむ、もういっぺん見てみよう。
[PR]

by soezimax | 2009-08-29 11:47 | 映画 / MOVIE


<< 餃子は大阪王将で。      やってくる国政選挙。 >>