「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 31日
「コメディエンヌ NO.1」やります。
c0043124_1532946.jpg

プロダクションの後輩たちが舞台をやります。
脚本はオカモト国ヒコ、演出は私がやります。

ほどよし合衆国 第3回公演
「コメディエンヌNO.1」
日程:9/24(金)~26(日)
会場:芸術創造館
料金:前売り2500円 当日3000円
詳細はほどよし合衆国のWEBサイトにて

いま稽古しておりますの。
今回は演出として舞台に挑むことになって、オカモト氏の脚本を料理しておりまする。
演出してると出演したくなるね。
[PR]

by soezimax | 2010-07-31 15:40 | 俳優の日々
2010年 07月 30日
タマたマット。
c0043124_13295120.jpg

暑い日差しを浴びながら、ふらりと入った雑貨屋さん。
バーゲンやってました。

玉たまのマットに一目ぼれ。
色は4種類あったけど、ブラウン系が合いそうだと判断。
さっそく購入。

c0043124_12515460.jpg

使ってみると、このタマタマが良い踏み心地。
健康マットではないんだけど、思わずふみふみしてしまうよ。
[PR]

by soezimax | 2010-07-30 13:57 | お買いモン
2010年 07月 28日
ヴェデット!激うまいビール。
c0043124_1643316.jpg

昨晩、ベルギー産「VEDET EXTRA WHITE」を飲んだ。
むう、うーまーし!うまし、うまっし!
さわやかな味でございました。
この季節にはピッタリじゃったな。

しかし、このお店はビールも通好みの銘柄を置いていたよなあ。
焼酎もいろいろあったし、かなり良いお店でした。
また行こうー。
[PR]

by soezimax | 2010-07-28 16:47 | ビール / BEER
2010年 07月 28日
お魚のお皿。
c0043124_12254046.jpg

昨晩飲みに行ったお店。
料理は劇的なウマさ。
そこで出てきた、お魚のお皿。
家で使ってたら微妙だけど、この店にはピッタリである。
何匹も出てきたので面白かった。
[PR]

by soezimax | 2010-07-28 12:27 | いろいろ
2010年 07月 27日
フィアットのパンダ。
c0043124_1031077.jpg

先日の撮影で使った車両、フィアット社製の「パンダ」という車種。
現行のパンダは2代目、このパンダは初代モデル。
ジウジアーロの傑作コンパクトカー、と評されるクルマです。
直線と平面で構成されたパッケージが素晴らしい。

まあ、ちょっと古いクルマなのですが、それでもCVTで走ります。
このクルマは左ハンドル仕様で、排気量は1.0Lかな?
急な坂道になると「よいっしょー!」って感じでゆっくり登っていきます。

いまの自動車にはない、アナログな雰囲気バリバリ。
こんなデザインはないよねー。
インテリアも可愛いんだよな。

友人の車なのですが、「車を乗り換えた!」って「パンダにしました!」って聞いてから、ずっと乗ってみたかった。
今回の撮影に出てもらって、なおかつ運転もさせてもらった。
念願のパンダを運転しての感想は・・・

ステアリング重っ!

・・・でした。
あとは想像通りのハードで楽しい乗り心地。
こういうクルマは好きじゃないと乗れないねえー。
[PR]

by soezimax | 2010-07-27 10:21 | クルマ&バイク
2010年 07月 26日
入道!
c0043124_12342513.jpg

青い空と白い雲と照りつける日差し。
もくもくと立ち上がる入道雲が目の前に。
夏だな、ホントに。
まるで合成のような風景。
怪獣が出てきそうだよ。
[PR]

by soezimax | 2010-07-26 12:51 | 写真/PHOTO
2010年 07月 26日
いくつか、夏と。
c0043124_0193032.jpg

いろいろ、やってます。
編集、仕上げを早急にやらないといけない作品。
今週で形にしないと時間的にヤバい。

「あれやっときゃ良かった」とか「あのカット有ったら良かったのかな?」なんて思ってばかり。
撮影はもう終わったんだからね、ある素材で編集していくしかないんだけど。出演していると、このへんがおろそかになりがちだなあー、なんて今回思ったね。
でもきっと、バジェットが大きくなっても、こんな思いをするような気がする。

まあ、実際は撮影しても使わないカットとかもあったりするのだけども。
出演した上で監督する時は、もう少し欲張って考えていける脳みそも必要なのかな。

むー、編集していくと、もっと具体的な反省点は出てきそうだな。
それもまた一興である。
次へ繋げるステップにしていけば良い。
その現場でしかできなかったところもあるはずだし、この作品のカラーになっていくだろう。

この夏が一つの思い出となり、この夏が次へ繋がる時間になるだろう。
夏はそんな出来事が起こる季節だな。
[PR]

by soezimax | 2010-07-26 00:42 | SOEZIMAX プロデュース
2010年 07月 25日
だっぴー。
c0043124_14593166.jpg

朝日を浴びてた抜けがら。
いまごろ全力で鳴いているだろう。
[PR]

by soezimax | 2010-07-25 15:00 | 写真/PHOTO
2010年 07月 25日
細かい塗装、次はデカール。
c0043124_14561677.jpg

牛歩で製作が進むクロムウェル戦車。
基本塗装のあとの塗り分けを行う。
車外装備品と転輪のゴム部分、車載機銃を塗る。
今回は迷彩塗装などは施さないので、次はデカールを貼る作業だ。
[PR]

by soezimax | 2010-07-25 14:58 | プラモデル・ホビー
2010年 07月 24日
脚本というか、コンテというか、メモというか。
c0043124_13595353.jpg

先日の短編映画の脚本。
これはソエジマの分。
脚本にこんなカットが欲しいと落書きのようにメモ書きしてる。
でも撮影中はあまり脚本を見なかったりするのよね。
これは本番に入る前の段階で、自分のイメージを確かめるような落書きになるのかな?

脚本は3度ほど書き直ししたので、ソエジマの手元にあるのが最新版。
撮影の日の朝にカット部分を思いついたりもしたしね。
事前に出演者に渡した分とは、ちょっと細かい部分で違いが出てしまう。
それほど影響はないので、現場で調整してもらってました。

今度は実際に撮影できた映像を見ながら、編集という作業でイメージの再構築。
ここで思いがけない効果が生まれたり、思いのほか想像外の展開になっちゃったりします。
そこが編集の面白いところだよね。

撮影した映像は変えようがないけど、編集は時間の許す限りいじっていける。
アイデアと個性、計画と偶然性、感性と感覚、それぞれが重なりあって出来上がる。
そういうのが映画であろう。
[PR]

by soezimax | 2010-07-24 15:19 | SOEZIMAX プロデュース