<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 31日
8月、最後の日。
c0043124_1292279.jpg熱い日差しもなんとなくやわらいだような・・・気がします。気が付けば8月は今日で終わり。8月頭の東京公演からこっち、忙しさメーターを振り切ったままの怒涛の日々だったなあー。・・・とかいって、実はまだ続いているわけですけれども。

昨日は久々に後藤ひろひとさん脚本の舞台Piper「ニコラス・マクファーソン」を観に行ってました。いやあ、面白かった~。出演者さんたちは、みなさんとても魅力的に演じておられまして、ストレートに面白い内容を楽しめました。シンプルに"面白い"舞台というのはいいですね。

9月に入ったら東京行ったり、久しぶりにKAVCで公演があったり、とある後輩の映画(自主だけど)に出たり・・・なんてスケジュールが待っています。忙しさでヘタらずに、より英気を養いつつ、じわじわとでも高い到達点を目指して頑張ろうっと!
[PR]

by soezimax | 2006-08-31 12:21 | いろいろ
2006年 08月 30日
8月が終るぅ。
c0043124_1104016.jpg気がつけば月末。そして8月が終ります。皆さん、夏休みの宿題はちゃんとやりましたか?ソエジマは宿題どころか、イロイロやりすぎてアップアップになってます。なんとかひとつの山は越えたかな?ってところなんですけど、それでもまだまだ1週間くらいはやり続けなければならない・・・感じです。

そんな中、9月6日に東京で行われる「ライブアクト」というイベントへの出演が決まりました。これは先日開催されてた「天下一演闘会」の流れをくむ即興劇イベントなんですけど、役者だけでなく作家もスタッフも参加して、ライブで作品を作ろう!なんていうとんでもない企画なのです。話は聞いてたけど、今回は天下一演闘会vol.1のファイナリストとしてソエジマも召喚されたというわけです。場所は東京・六本木です。そういえばこのイベント・・・たしか音響は塁だったような?
[PR]

by soezimax | 2006-08-30 01:10 | いろいろ
2006年 08月 25日
もう暑いし大変だー。
c0043124_1216114.jpgえーと、忙しいです。かなり多忙です。多忙ピークきてます。でもイロイロとやらなければなりません。今年の8月はこのまま終っていきそう・・・。

東京の水道橋駅に置いてあった、傘の自動販売機。その巨大さと「なぬ!傘を!」という驚きに満ちた自動販売機でした。まあ、雨が突然降ってきたりしたらね、ビニール傘買ったりするしな。水道橋は東京ドームの最寄り駅だったりするし、観戦客が買ったりするのかな?

さてさて、またイロイロと報告できることがあります。ショートフィルムの企画のこととか、もろもろね。といっても、あと少し経たないと報告できないので、ちょっと待っててくださいね。
[PR]

by soezimax | 2006-08-25 12:24 | いろいろ
2006年 08月 17日
この夏はこの3人でやらかします。
c0043124_17395337.jpg現在進行中のとあるショートフィルム企画。ぶっちゃけソエジマ・プロデュースなんですけど、けっこう楽しい仕掛けと出演陣に期待大なのです。去年の同じ時期には「Xros」を撮影していたのですが、今年も夏の撮影イベント!っていう感じで準備を進めています。こういうのがあると気合いが入りますね。

で、この3人も出演します。土性正照と岡本拓朗、そしてソエジマです。まんまコントメンバーじゃねーかって感じですけど、それなりにドラマを見せつつ、ちょっと面白い・・・みたいなラインを狙ってます。拓朗さんは「サムライダー」で出てもらっているけど、土性くんは初の映像作品って感じに近いですね。サムライプロジェクトには出演していましたけど。ちなみに画像は「レボリューションセブン」東京公演の舞台裏でのスナップ。

いま準備に忙しくしておりますが、なんとかうまく撮影できるようにと頑張っております。来月には企画の詳細が発表できると思いますので、詳しくはそれまでお待ちください。あああああ、忙しい・・・。
[PR]

by soezimax | 2006-08-17 17:45 | SOEZIMAX プロデュース
2006年 08月 17日
電撃参拝!
c0043124_15404895.jpg赤鬼東京公演の仕込み日、友人宅からラッシュを避けるために朝早く出発。都営新宿線だったので、九段下で降りて靖国神社へ参拝してきました。早朝ひとりで「ソエジマ電撃参拝!」などと言いながら、広い参道を歩き、セミの声を聞きながらお参りしてまいりました。まだ小泉首相の終戦記念日参拝からは日が離れていたため、まだ静かな空気が流れていました。

参拝するたびに中国・韓国メディアをはじめ、国内メディアまでがやたらと過敏に反応してしまうのは、なんだか恒例行事のお約束みたいになってて、なんだかもうウンザリですね。靖国神社は近代日本が乗り越えてきた歴史と共に存在するものですし、その感覚的なものは日本人にしか理解・実感できないでしょう。

いまの日本という国を作るため命を落とした方々の存在に感謝し、将来の日本を担うべき日本人としての責任を感じるための靖国神社だと思うんです。いろいろと問題はあっても豊かな国となっているのが今の日本です。こういう国風にしてくれた先人たちには、素直に感謝すべきです。その人たちの犠牲があったから、こうしていられると思いますしね。

まあ、日本人の宗教観とか、歴史観とかも理解してもらわないとダメなんでしょうなあ。仏教と神道があり、それぞれの概念が入り混じってても、それを受け入れている日本人的な感覚。死後の世界、霊的な存在への畏怖と尊敬と敬愛。日本のホラー映画がハリウッドでウケるのは、こういう日本人の血に流れる感覚的なものが違うから新鮮・・・なんじゃないかなあって思うんです。
[PR]

by soezimax | 2006-08-17 17:05 | いろいろ
2006年 08月 15日
一心寺恐怖百物語・・・ああ!今年も恐かった!
c0043124_13413638.jpg毎年恒例の恐くて面白い夏のイベント「一心寺恐怖百物語」が無事に終了しました。ご来場いただきました皆さま、ありがとうございましたー。お盆のこの時期に心霊写真とかみてキャー!となるイベントなわけですが、今年は特別恐かったーっ!

その恐い原因を持ってきたのはこの人。今回のトークゲストであり、「新耳袋」の著者である木原浩勝さん。この人が心霊スポットへの突撃取材映像を持ってきたがために、マジで会場が静まり返るくらいに引きまくりの恐怖イベントになってしまいました。いやあ、本当にね、恐かったんですよ。詳しく書くのはアレなんでですけど、ビデオカメラ映像としては有り得ないノイズが入ったりね・・・。あげくには声まで聞こえるし・・・もう、恐いっ!マジで恐い!

イベント会場には新耳袋グッズなんかも販売されてたんですけど、オリジナルフィギュアもあってね、ソエジマも思わずそれを購入。いま木原さんが手に持っている「件(くだん)」という獣。顔は人間、身体は牛という実在した生き物。妖怪みたいな風体なんだけどね、なんかちょっと愛らしい感じ?えーと、詳しくはこちらへ!

c0043124_1415268.jpgさてさて、今回の楽屋での面白い写真。あわさんメイクのわかぎゑふさん。夏イベントの悪ノリで、トークゲストなんだけどメイクを同じにすることに。この二人が浴衣着て並んで座っている姿は・・・なーんか異様でした。

ソエジマもこのメイクをして出てみようかと思いましたが、なにせ転換の時間的に無理だったのと、さすがにヤバイだろうと思ったのでやめました。

c0043124_1485433.jpgで、もう一個面白い写真。伊藤えん魔さんメイクのとコング桑田さん。こちらもノリノリでメイクされてました。コングさん・・・いいなー。もうこの人はね、本当にノリノリなのですよ。舞台でも最後のプレゼント大会のはじけっぷりといったらね、本当に「ナイスです!先輩!」とう感じでした。もういっこコングさんの面白い映像がありまして、近くビデオポッドキャストで配信します。

今回はソエジマもトークゲストとして上のお二方とその日のスペシャルゲストさんと一緒に、木原さんとの怪談トークイベントに参加しました。だもんで、戦慄の恐怖映像なんてものを見てしまうわけですけど・・・。
[PR]

by soezimax | 2006-08-15 13:41 | 俳優の日々
2006年 08月 11日
レボリューションセブン東京公演の裏側


レボリューションセブン東京公演の裏側!?
劇団赤鬼の初東京公演は1日しかない公演となりました。
その白昼夢のような舞台の裏側をちょっとだけお届けします。
なんか面白いこと考えてたんですけど、結局時間なくて無理だーって感じでした。
[PR]

by soezimax | 2006-08-11 12:35 | YouTube -動画-
2006年 08月 10日
一心寺恐怖百物語・・・が、もうすぐ。
c0043124_17553750.jpg毎年恒例の恐くて面白いイベント「一心寺恐怖百物語」が今週末です。「レボリューションセブン」の東京公演が終ってから、すぐに稽古が始まりました。今年はナメちゃんと一緒です。画像はファントマさんの稽古場です。コング桑田さんが稽古してますね。

このイベントは10年以上続いている舞台です。まだソエジマが駆け出しのころ、このイベントを知りました。あれからもう10年かあ・・・って、そんなに時間は経っているのねえ。自分がこのイベントに出るなんて、そのときは思ってなかったなあ、不思議だな。さてさて、この舞台は明後日の12日からでーす。

一心寺恐怖百物語の詳細情報はこちらでチェック!
[PR]

by soezimax | 2006-08-10 18:16 | 俳優の日々
2006年 08月 07日
レボリューションセブン、終る。
c0043124_13191770.jpg美内すずえx劇団赤鬼「レボリューションセブン」東京公演が終りましたー。東京で初めてご覧いただいた皆さま、そして関西から遠征して観劇に来られた皆さま、ご来場ありがとうございました。1日だけ、2ステージだけという豪華?な公演だったので、本当にアッと言う間でした。今日は関西に戻って、さっそくお盆の「一心寺恐怖百物語」の稽古が始まります・・・。

舞台は新神戸オリエンタル劇場でのセットを無理やりKAVCサイズの劇場に持ち込んで組み上げたので、とにかく狭くてキューキューな感じでした。おかげでゲネプロの時は袖でいろんなところにぶつかり、置いてある照明を蹴ったり、出番に間に合わなかったりと大変でした。本番ではちゃんと解消されて、元気に舞台を楽しむことができましたけどね。なんとなく2月の公演から東京での「レボリューションセブン」は、時間とともに自分の芝居が向上できたかなーって感じてます。作品としては、いろいろとツッコミ満載ですけど、ひとつの形としては幕を下ろすことができたのではないでしょうか?

c0043124_13325748.jpg初日を迎えてから、その日のうちにすぐにバラシというスケジュールはハードでした~。欲を言えば、あと1日くらいはやってみたかったかな?なにせ2ステージだけなので、どのくらい人が観てくれたのか、ちょっとわからない感じですね。反応としても、ちょっとわからない感じ?手ごたえ!みたいなものはなく、ソエジマとしては淡々と終ったような気がします。まあ、神戸のようにホームグラウンドじゃないですからね。

次はシアターアプルでの新作公演です。来年の1月ですね。これはこれでアッという間に来ちゃうんだろうなあ。それまでイロイロとやることはあるので、それぞれ頑張っていこうかというところです。まずはこの夏のイベントのモロモロを乗り越えて、盛り上がっていかないとね!

それにしても東京はけっこうカラッした天気でしたね。帰ってからは大阪のムッした湿度に思わず「暑い!」と声に出してしまいました。本当に都市部の熱気は大阪のほうが高いのでは?
[PR]

by soezimax | 2006-08-07 13:40 | 俳優の日々
2006年 08月 02日
東京公演直前なのです。
c0043124_1221941.jpgえーと、劇団赤鬼の初東京公演「レボリューションセブン」が目前なのです。どのくらい目前かというと、8月5日(土)13:00/17:00というくらい直前なのです。なんだ、今週じゃないか!って感じですよ。2月に新神戸オリエンタル劇場で公演したのにねえ、本当に早いものです。

で、ここのところこの東京公演のための稽古で日々が過ぎていくって感じでした。通し稽古もやったりで、なんとなく思い出しつつ、そして新鮮なこともありつつで、初の東京公演へむけて盛り上がっております。ソエジマは東京で数回舞台やっとりますので、特別なにかドキドキしたりすることはないのですけど、どんなふうになるのかな?という点ではワクワクしてます。

そんな東京公演のご案内

美内すずえx劇団赤鬼
「レボリューションセブン」

8月5日(土) 13:00 / 17:00
北沢タウンホール
前売り/3500円 当日/3800円 全席指定

詳細とチケット予約は赤鬼のWEBサイトにてどうぞ。
[PR]

by soezimax | 2006-08-02 12:41 | 俳優の日々