<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2006年 04月 27日
額の広さがネタ。
c0043124_1649153.jpg「肉」と書いた額が光る服部まひろ嬢です。今回のコント公演「ツイテンテイル~」に出演してもらいました。彼女とは2005年のダンスコレクション共演で知り合い、今回はこっちに出演してもらいました。彼女は初コントだったらしく、いろいろととまどいつつも楽しめたということでした。彼女は自主映画とかよく出てるんだよね。

音響王子コント前にふと思いついて、なかば強引に額に「肉」と書きました。「もうお嫁にいけない!」なんて嘆いていました。でもその後、「肉」と書いたままトイレに行ったりしててビックリしたけど。「写真もダメ!」と言われましたが、面白いのでブログにのっけちゃう。ゴメンね、まっひー。となりのナミヲ君とお似合いです。それにしても、ナミヲ君って顔がでかいなー。
[PR]

by soezimax | 2006-04-27 16:57 | SOEZIMAX プロデュース
2006年 04月 25日
地獄ヘヴン元帥
c0043124_13523814.jpg今回のコントに登場した、土性くんの新キャラ「地獄ヘヴン元帥」。この元帥には「転職」と「音響王子」のふたつのコントで活躍してもらいました。「転職」はちゃんと台本があって、いろいろと物語性が高かったコント・・・いや、コメディーかな?「音響王子」はほぼフリーな状態が続くグダグダなコントでした。

それにしてもこの地獄ヘヴン元帥はいいキャラクターでした。この頭は、ソエジマの大学時代の友人に作ってもらったんですけど、まんま仮面ライダーのアレをお願いしてて、ちょっとだけ派手にしてもらいました。「やっつけでいいからね。勢いで作ってね。」とオーダーしておりましたが「アレのままというのは、意外と大変だった!」とコメントが返ってきました。たしかにマンマなので、笑ってしまいましたが、出来栄えは素晴らしいです。一緒にマントも作ってもらってて、緑色というのがまた・・・ベストマッチ!もうなんかその偶然にビックリです。

「転職」の地獄ヘブン元帥とか、「X(エックス)」の社長とかは、100%土性くんをキャスティングすること前提で書いた台本です。なんとなくこういうセリフがハマるだろう・・・なんて考えながらね。まさに地獄ヘヴン元帥は土性くんのハマり役でした。
[PR]

by soezimax | 2006-04-25 14:01 | SOEZIMAX プロデュース
2006年 04月 25日
コント公演は無事に終わりました。
c0043124_0515350.jpg道頓堀極楽商店街・えびす座「ツインテイル・ガン・キャリバー・フィフティファイブ」は無事に終わりました。多くのお客さんにご来場いただき、好評のうちに終了することができました。ご観劇くださった皆さん、ありがとうございました!皆さん、いかがでしたか?

画像は今回初共演のお二人(でもシンシンは赤鬼とかN-Traに出てもらったりしてたケド)井田武志(劇団★世界一団)くんと真心(ジャイアント・グラミー)。初共演だけに、いろいろと予想外のことが起こって、ものすごく新鮮でした。ソエジマ・プロデュースとしては、今後の糧になるいい経験になりましたよ。「お祝い」では真心に大活躍してもらいましたね。あのコントは真心のおかげで楽しくなりました。

c0043124_0552765.jpg今回はオムニバス・コントとして5本のコントを上演しました。構成と妄想担当のソエジマはギリギリまで台本書いたり、構成考えたり、ネタを試行錯誤したりとバタバタでしたが、なんとか形になって上演できたなーって思ったり・・・。実際コントは生モノなので、お客さんの反応で瞬間的に動いたりするし、どこまでも完成しない感があったりしましたけど。それはそれでいい経験になったなーという感じです。

とくにこの画像のコント「U-5701」は、台本(というか段取り書いたダケ)もあるけど、その場でガンガンといろんなことをしないと面白くならないコントでした。艦長役の土性くんとのせめぎあいが激しいほど、面白くなる可能性が高い!そんな危険性をはらんだ内容でしたね。とくに2日目からは「攻めていこう!」というアクティブな意志のもとに、どんどんと予測不可能なことをやっていきました。どんなことやったか自分でもあまり覚えてないけど、うまく笑いのオーラが客席に伝播していくと、普通に会話してるだけで、なんだかちょっと面白くなってきてましたし。生モノの楽しさと恐ろしさをリアルタイムで感じれたコント舞台でしたね。
[PR]

by soezimax | 2006-04-25 00:46 | SOEZIMAX プロデュース
2006年 04月 14日
道頓堀に来るとブラックレインなんだけどな。
c0043124_23474446.jpgもうすぐメイルシュトロム・プロデュース「ツインテイル・ガン・キャリバー・フィフティファイブ」in えびす座(道頓堀極楽商店街)です。それにしても最近、この道頓堀の川沿いもガラっと様変わりしつつありますね。川沿いを歩けるようになってたり、キレイになってきつつあるというか、なんか変化しているなーって感じますね。よくも悪くも、ここがイチバン大阪らしいと感じれる場所には変わりないですけども。

ソエジマが大阪へ出てきたころ、ちょうど映画「ブラックレイン」が公開された年でした。日本、大阪を舞台にしたハリウッド映画なんて、まだまだ珍しい時代でした。しかも監督はソエジマが大好きなリドリー・スコット!この「ブラックレイン」は悪役として強烈な存在感を放っていた松田勇作さんの遺作ともなってしまった作品ですけど・・・。公開当時は、ちょうどこの道頓堀にある映画館でも上映されてて、ロケ地のすぐそばの映画館で映画を観れる!しかも自分の好きな監督の!しかもハリウッド作品!・・・なんて、なかなかできない体験だよなあーと、この風景を見て思い出してました。あれは80年代を締めくくる映画でした。
[PR]

by soezimax | 2006-04-14 23:58 | SOEZIMAX プロデュース
2006年 04月 12日
TAKESHI'S
c0043124_11202347.jpg公開時の宣伝を見て以来、気になりつつも、どうかな~?的な印象だった映画「TAKESHI'S」。ソエジマは基本的にたけしさんの映画は好きなのでね、これもちゃんとDVDリリースされたので観てみました。

感想は・・・率直に言うと、ビートたけしさんらしい映画・・・だなあという感じ?いろんなところでこの人の日常的なシチュエーションがあったり、仕事・交友関係での登場人物があったり、くだらない面白さがあったり、不条理な展開があったり・・・まあ、なんか不思議な映画です。観ているうちに何故か押井守監督の「紅い眼鏡」を思い出したりしたんだけど、なんでかな?なにか空気が似てたからかな?映画を茶化したようなところかな?

とにかく、すごく感覚的な映画です。つじつまとか、理屈は置いといて・・・っていうか、そんな寛容さがないとこの映画は観にくいかも知れません。まだ「みんな~、やってるか」のほうが筋があるように思えるし。ストーリーとかじゃない、シチュエーションとセンスとイメージと、ビートたけしという存在の映画だと思われる・・・かな?
[PR]

by soezimax | 2006-04-12 11:33 | 映画 / MOVIE
2006年 04月 12日
NGK近くの、たこ焼き。
c0043124_1048739.jpg下の記事のようにNGKに下見に行ったり、稽古を見にいったりしていると、大助師匠がみんなにたこ焼きをふるまってくれました。たぶん「わなか」とかいう名前の店のやつ。ここNGKの下にあるたこ焼き屋さんよね?いやあ、これ美味かった!なんか、しょうゆ味+マヨネーズで美味い!おなかも減ってたので、パクパク食べまくってしまいました。

いやあ、たこ焼きって・・・いいね!なんか書いてたら食べたくなってきたよー。どうも粉モノに弱いなあ・・・。
[PR]

by soezimax | 2006-04-12 10:59 | いろいろ
2006年 04月 11日
先週末は難波グランド花月にて仕事してました。
c0043124_20141810.jpgなんの仕事をしていたかというと、大助花子師匠の結婚30周年記念イベントのお手伝い。画像はスタッフ・出演者に配られたウインドブレーカー。背中にはデカデカとハートマークのロゴが入ってます。これがあればNGKもフリーパス?なんか、そんな勢いのデザインですね・・・。前には大助花子師匠の似顔絵イラストが入ってます。

この30周年は2時間のイベント。この中には40分くらいのお芝居が構成されてて、ここには赤鬼メンバーが出演してました。山口ヒロ、土性マサ、下村さんがそれぞれ出演。しかも演出はナミヲくんだったのです。なんだ!?ソエジマは出てないの?なにしてたのって?いやいや、この日はイベントを収録する撮影スタッフとして仕事していたのですよー。

イベントは大助花子師匠の漫才にて締めくくられました。なんと師匠たちは圧巻40分にわたる爆笑漫才を披露!僕も観客も終ってから「そんな長い時間?」と思うほどでした。お二人による時間を感じさせない漫才を見て、芸人としてのキャリアというか、頂点というか、ものすごいすごさを感じた次第でございました。
[PR]

by soezimax | 2006-04-11 20:37 | いろいろ
2006年 04月 10日
ツインテイルの稽古始まり。
c0043124_1455192.jpg4月20日k~23日の道頓堀極楽商店街「えびす座」でのメイルシュトロム・プロデュース「ツインテイル・ガン・キャリバー・フィフティファイブ」の稽古が始まりました。やっとかい!というツッコミは置いておいて、この日はミジンコターボに出演している世界一団の井田くん以外は揃ったので、桜満開の大阪天満宮にて成功祈願などしてみました。自分たちの企画でこんなのするの初めてだなあ。成功しますように・・・。

顔合わせみたいなリラックスしたところから、全体の構想と演目の打ち合わせ。台本も読んだり、配役を考えたりしながら稽古してました。コントとかひさしぶりにやると・・・楽しいね。たぶんギリギリまでいろんなことやって大変かなあって思うんですけど、きっと楽しいものが出来上がるのではないか!!っと感じております。
[PR]

by soezimax | 2006-04-10 14:11 | SOEZIMAX プロデュース
2006年 04月 10日
バリ~のレセプション、南堀江~。
c0043124_13555170.jpg友人のバリ・ファニチュア・プロジェクト in コベントガーデンやってました。画像のようにちょっとした展示会場な感じで配置したり、照明を作ったり、いろいろとコーディネーションしたりしてました。ベッドの天蓋(蚊帳)はたいへん色っぽくていい感じ。ほかにも重厚で豪華なソファとか、手染めの色彩豊かなシーツとかも展示してたのですよー。

会場ではみんながインドネシア衣裳に着替えてお出迎えしており、BGMのガムランとあいまってバリ島な雰囲気に・・・。バリ・コーヒーを飲んだり、くつろぎながら家具を見れるという趣向でした。たしかにこんな感じに癒しの空間があったらいなあ。
[PR]

by soezimax | 2006-04-10 14:02 | いろいろ
2006年 04月 07日
イベント告知「マチャムーマチャム」@南堀江
c0043124_14255882.jpg
以前にも記事にしましたが、南堀江でレセプション・イベントやります。誰でも見に来れますんで、興味がおありの方はぜひお気軽においでください。インドネシアの家具とか、いい感じの雑貨たちを展示してます。とくにソファは一見の価値あります。
macam-macam
アイランドスタイルのインテリア
家具とオブジェたちとファブリック

4月9日(日)
12:00~21:00
※17:00レセプションイベント有り

大阪・南堀江
コベントガーデン
WEBサイトはこっちね!※鶴見緑地線「西大橋駅」3番出口を南へ徒歩5分
※四ツ橋線「四ツ橋駅」5番出口を西へ徒歩7分

展示会場は南堀江のカフェバー。
ご来場のお客様には、春らしいお茶をご用意しております。
ぜひお誘いあわせてお気軽にお立ち寄りください。
[PR]

by soezimax | 2006-04-07 14:35 | いろいろ