<   2005年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 29日
Snatch
c0043124_1552454.jpg買っておいた中古DVDを観ていなかった。
ガイ・リッチー監督作品。「Snatch」・・・スナッチ=ひったくる
ブラッド・ピットが自分から出してくれ!と言ってできた映画・・・らしいね?

イギリスを舞台にしたクライム・ムービー。宝石泥棒、それを強奪しようとする闇の売人、それに利用される小物ギャング、賭けボクシングとギャンブル中毒、移民キャンパー、マフィア、闇の宝石商人と殺し屋・・・などなど、とんでもなく絡み合う話がちゃんとオチへ向かって集約していく。それぞれの視点で描かれている上に、ちゃんと接点もあったりして秀逸です。クライム・ムービーだけどコメディ要素もミュージッククリップのような要素もあって、とーにーかーくーカッコイイ!当然BGM音楽も最高にマッチしてて良いです。

ソエジマとしてはベニチオ・デル・トロがいいです。この人のギャンブル大好き!なカットが静止画で出てくるんだけど、その静止画の顔が・・・もう楽しそうでね。スーツもかっこよく着こなしているし、この映画では色気満開です。

初めてガイ・リッチー作品を観たのは、BSでたまたま途中から観た「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」でした。途中から観ても、そのセンスある映像感覚と脚本に魅せられてしまいました。
[PR]

by soezimax | 2005-07-29 15:19 | 映画 / MOVIE
2005年 07月 27日
夏です。
c0043124_1312925.jpgすっかり夏です。
台風も来たりと、季節感バリバリ。

去年の夏はRUN&GUNのツアーに一緒に行きました。
東京・名古屋・大阪と3都市ツアーのライブに同行。
ライブ後半にサプライズ企画としてショートプレイ。

写真は名古屋の会場ホール楽屋。
ちょいと手狭な控え室にて。

そういや、稽古とかも一緒にやってたな。
夏らしい天気の中、よくスタジオで稽古してたっけ。
そんなこと、ちょいと思い出したり。

先月はビッグステップの舞台で、彼らの成長を見せてもらいました。
腹筋さんともIQ5000メンバーと会ったのも久しぶり。
また彼らと共に舞台ができるといいな。
そう思いました。
[PR]

by soezimax | 2005-07-27 13:17 | いろいろ
2005年 07月 26日
ナメちゃん、おねむちゃん。
c0043124_1537681.jpg先週は「a_maze」の顔合わせでした。
この日、ナメちゃんは前の晩から寝てないらしく、終始この調子。
よく寝てました。

顔あわせは、まあまあいつもの感じ。
今回のプロットの説明とか、台本を読み合わせしたりとかね。
この先の展開はちょっと予想できないけど、わりとスタンダードでストレートな物語になるのではないかと思います。
ソエジマの役どころはまだ未定。
[PR]

by soezimax | 2005-07-26 15:45 | 俳優の日々
2005年 07月 26日
東京ベイ
c0043124_15234165.jpg
ちょいと前にいった東京ベイ。

まだ梅雨前だったかな?
いや、ちょうど梅雨入りしたくらいだったか?

あのビルの先、いけどもいけども街が続く。
海からだと巨大な都市の姿を客観的に見れるのかもしれない。
まるでビルは海の中に立つ柱みたいだ。
[PR]

by soezimax | 2005-07-26 15:34 | いろいろ
2005年 07月 22日
「ミャンマーの唄声」制作発表記者会見
c0043124_23291997.jpg先日、関西テレビにて、9月の舞台「ミャンマーの唄声」の制作発表が行われました。参加する赤鬼メンバーも出席し、画像のように旧日本陸軍兵の衣裳にて会見となりました。
練習した「海ゆかば」も記者さんたちに披露。真ん中の岸田敏志さんの指揮にあわせて謳い上げました。岸田さんは我らの部隊の隊長役です。

ちょうどこの日の会見の前晩に、今回の物語のベースとなる「ビルマの竪琴」を見直そうと、中井貴一さん主演の映画を借りてみました。以前も見たはずなんだけど、すっかり忘れてしました。

で、号泣。

もうたまらん泣き所が3ヶ所くらい。
隊長を石坂浩司さんがやっておられて、これがまたすごくいい感じに優しいのです。

今回の舞台はまだ未定なところが多いので、実際にどのようなストーリーになるかわかりませんが、ベースとなる「ビルマの竪琴」という傑作ですので、いい作品になるのではないでしょうか。戦後60年という節目に、この作品に出演できるというのは、本当にいいことだなと感じています。

チケットなどは赤鬼で受付するかもしれない・・・とのことです。もうすでに入手されている方もおわれると思いますが、いろんな会場をまわるツアーなので、いろんな方に見てもらえるといいなーと思っています。だって、和泉市とか岡山とか桑名市とかにも行くし。こういうツアーは初体験ですだ。
>>ミャンマーの唄声の情報はこちら
[PR]

by soezimax | 2005-07-22 23:38 | 俳優の日々
2005年 07月 22日
バトンブーム到来。ゆえにcomic baton。
以前、ルイから廻ってきたmusical batonに引き続き、今度はmemerouさんからcomic batonというものが廻ってきました。
マンガ好きなソエジマだけに、ちゃんと答えたいと思います。

質問は・・・

1・本棚に入ってる漫画単行本の冊数
2・今面白い漫画
3・最後に買った漫画
4・よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画
5・バトンを渡す5名

・・・というもの。
ではさっそく回答!


1・本棚に入ってる漫画単行本の冊数

最近古本屋で100円で売ってたりする本買ってしまい増えた!
ちょっと前にだいぶ売ったのに・・・。

だいたい20冊+ガラスの仮面(文庫版)が全巻+美内すずえ短編集(文庫版)が全巻+押入れに20冊くらい=70冊くらいかな?


2・今面白い漫画

c0043124_2340939.jpgかわぐちかいじ
「ジパング」

いまソエジマが唯一連載おっかけしているマンガ。
映画化の際はぜひ「如月中尉」役をやらせてください。

3・最後に買った漫画

c0043124_23442221.jpg浦沢直樹x手塚治虫
「PLUTO」

いま新刊で買う唯一のマンガ。
映画化の際には「ゲジヒト」をやらせてください。

4・よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画

c0043124_23485747.jpg鴨川つばめ
「マカロニほうれん荘」

初めて出会ったのは小学校低学年の頃。
姉の部屋においてあった月刊チャンピオンの巻頭カラー総集編特集。
以来ソエジマの笑いの感性に大きな影響を与えたマンガ。
油ののったギャグ作家の感性と、絵画センスの良さ、細かく散りばめられたマニアックなネタの数々。
リズムのあるギャグが想像力をかきたててくれました。
当時、月刊誌で連載していた「ドラネコロック」も大好きです。

c0043124_004172.jpg佐藤史生
「夢みる惑星」

一言で言えばSF大河ドラマ。
崩壊していく大地から人民を救うために大司教を演じる国王の息子。
その彼に特別な感情を抱く踊り子。
またその彼に身柄を救われた部族の若長。
大国の国王である父親。
その父が愛した母と、その母を愛していた警察長官。
棚ボタで国王となった異母兄弟。
なんかキャラクター羅列するだけでドラマティックでしょ?
壮大な話なのですよ、これ。

c0043124_0123310.jpg新谷かおる
「エリア88」

航空ロマンの男の世界。
ハードな世界が展開する外人部隊の物語。
空を飛ぶ戦闘機乗りたちの熱い友情。
「ファントム無頼」「ふたり鷹」も大好き。
ファンレター書きました。
サインもらいました。

c0043124_0284790.jpg士郎正宗
「攻殻機動隊」

これは1巻のみ!
テーマがハッキリしているので、むずかしいサイバーな世界観でも入っていけます。
ソエジマはこれがこの人の最高傑作だと思うんだけど・・・。
1巻でキレイにまとまっているしね。
これ読んだとき、ホントに感服しました。

c0043124_0335913.jpg美内すずえ
「ガラスの仮面」

もう何も書かなくても知ってますね。
早く結末を見てみたいです。
よくよく考えたらマンガ家さんで、ソエジマが一番よく会っている人になります。
なんだか不思議だ。

5・バトンを渡す5名は・・・まあ、適当にやりたい人、やっちください。
トラバしてくれたら、こっちからもしますので。
[PR]

by soezimax | 2005-07-22 00:38 | いろいろ
2005年 07月 18日
梅雨の海
c0043124_0292985.jpgもうそろそろ梅雨もあけます。
結局、今年は普通に梅雨があったかな?
よく雨も降ったように思います。

梅雨の中、バイクで走った高速道路。
そこからは海が見えました。
灰色の空と、ちょっと濃いグレーがかった海。

巨大な都市の口先が港。
川から海へと吐き出し続ける。
この海と南極の海が繋がっている。
なんだか信じがたいこと。
[PR]

by soezimax | 2005-07-18 00:35 | いろいろ
2005年 07月 15日
We Will Rock You
c0043124_15325757.jpgQueenの楽曲ばかりのミュージカル。
「We Will Rock You」
歌舞伎町、新宿コマ劇でやってます。
前を通ったんだけど、観たかったにゃー。
思わず写真だけ撮った。

思えばQueenのアルバムジャケットを従兄弟の家で見たのが初めてだった。
すっげえガキのころの話。
当時ハマっていた漫画「マカロニほうれん荘」の表紙絵にも、Queenのアルバムジャケットのパロディーがされていたりしたな。
[PR]

by soezimax | 2005-07-15 15:49 | いろいろ
2005年 07月 14日
悪魔城ドラキュラ
c0043124_1003350.jpg昨日からちょいと東京に来てます。
東京は雨が降っていて、けっこう涼しい。

泊まったホテルは西新宿。
東京都庁の目の前です。

夜中、近くのコンビニへと買い物に出る。
見上げた先には巨大な建築物が浮かび上がっていた。
都会の闇に圧倒的な存在感をかもし出す。

まさに現代の悪魔城ドラキュラではないか!
鎧甲冑を着て、槍を投げて戦うか?
きっとあの城の主は恐ろしい悪魔だ!

c0043124_10133470.jpgでもあの城の主は石原さん。頑固そうな親父が首都での政策を通じて、国をいろいろと動かそうとしている。

東京は黒煙を出して走るトラックがいない。これだけで道路沿いの空気はかなりマシになっているように感じる。いまだ関西の幹線道路では大型ダンプが機関車のように黒煙を吐き散らしている。関東圏の排ガス対策を施していない車が、そのまま関西に回されているらしい。つまり関東では排ガス対策した良い車が走って、関東で走れなくなった有害物質発生マシーンのダメ車は関西とかの地方都市に集結した・・・ということ。大阪・兵庫でも排ガス規制は始まったようだが、車両登録を対策地外で行い、規制枠をくぐりぬけている車も多いと聞いた。

排ガス規制は、全国レベルで厳しくやってほしいね。
ほんでメーカーさんにも頑張ってほしいものです。
[PR]

by soezimax | 2005-07-14 10:26 | いろいろ
2005年 07月 13日
パンフレットとラブシアの撮影 in 芦屋浜
c0043124_2252953.jpg海だー!

先日、芦屋浜で9月の赤鬼公演「A_MAZE」に使用するビジュアルを撮影しました。これは赤鬼の公演案内ダイレクトメールである「ラブシア」と公演パンフレットで使われます。

チラシのビジュアルとはちょいと違う雰囲気なので、だいぶイメージ違いますけどね。こっちはこっちでさわやかな感じですよ。

この日は午後から天気がよくって、いい感じに雲もあり風もあったので、さわやかな海辺でした。でもすごく日焼けしてしまいました!日焼け止め塗ったのに・・・。芦屋浜、初めて行ったけど、泳ぐことはできないのね。まあ、まわり工場多いからなあ。砂浜はキレイでいい感じでした。

それにしても平日の昼間なんだけど、けっこう人がいるのよね。ただ散歩している人とか、なんか犬と一緒にきてたり、日光浴してたり、楽しそうですごくいいなーって。っていうか、みんな・・・ヒマなの?

c0043124_22294281.jpgとまあ、こんな感じで、・・・一足先に夏気分です。

この白いシャツは、この間のN-Trance Fishのダンス公演「Chic dance,Deep dance」で使った衣裳です。衣裳の田中秀彦くんから「うわ、すっごい似合う!」ということで、そのままいただけることに。5部袖だけど、オシャレなんだよなー。こういうのどこで売ってるんだろ?今度、彼に買い物に一緒に来てくれとお願いしておきました。スタイリストさんと買い物にいくとどうなるかな?

それはそうと今回はなんか帽子をよくかぶります。チラシのビジュアルも帽子かぶってるしね。パンフもこうなるかな?いろいろ撮影したので、どれが使われるかわかんないけど。まあ、ラブシアがみなさんのお手元に届くのがお盆前くらいですので、どうぞお楽しみにしておいてください。
[PR]

by soezimax | 2005-07-13 22:25 | 俳優の日々