「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 02月 ( 47 )   > この月の画像一覧

2005年 02月 28日
時代x時代劇「TWO DASH」
c0043124_1055619.jpgタイトルの舞台公演の前説トークに行ってきました。KAVCホールで行われた公演で、初日の金曜日にお邪魔してきたのです。腹筋さんとダラダラと20分ほど開場中の舞台でしゃべってました。

KAVCに行くのはちょっと久しぶりでした。スタッフの方としゃべったりできたのが嬉しかったな。赤鬼も僕も、この劇場で育ててもらったようなもんですから、なにかと思い入れがあるのです。ちなみに6月は赤鬼企画でKAVC公演をするという予定になってます。詳細は未定。きっと赤鬼オーディション終わりくらいで明らかになるのでは?

そしてこの舞台公演の出演者には「0.5ミリの遠距離恋愛」で共演した宮川大輔さん、武内由紀子ちゃんもいたので、なんだか懐かしかった。あいかわらずお二人とも活躍されているようでなにより。ちゃっかりと初日打ち上げにお邪魔させてもらって、夜中まで飲みつつ、色々としゃべったりして楽しみました。こういう刺激はいいですね。
[PR]

by soezimax | 2005-02-28 11:06 | 俳優の日々
2005年 02月 24日
12モンキーズ
c0043124_1445271.jpgファンタスティックで切ない物語。
実はリメイク映画というのを後で知った。

「12モンキーズ」
テリー・ギリアム監督。ブルース・ウィリス主演。ブラッド・ピットはこの映画でアカデミー助演男優賞を・・・もらったっけ?ノミネート?どっちか忘れた。

細菌によって地球上の人が死に絶えかけ、地下での生活を余儀なくされている未来。そこから現代へタイムスリップしてやってくる男。彼の目的は細菌が世界中に散らばった原因と考えられる「12モンキーズ」を調査し、細菌の情報を未来へ持ち帰るため。絶望した未来からの使者は、自分の未来を過去に知っていた?ラブストーリーもあり、テリー・ギリアムらしい展開もありで、最後まで画面に釘付けになっちゃう映画です。

ブラッド・ピットのキレ具合が最高。彼は精神病患者を好感度高く演じてます。それがすごい。映画はフランスの短編映画「ラ・ジュテ」をベースにリメイクした作品。テリー・ギリアム作品では、これが一番好きです。印象的な音楽もピッタリとこの作品にハマってます。
[PR]

by soezimax | 2005-02-24 14:58 | 映画 / MOVIE
2005年 02月 23日
金曜日、KAVCにて前座トークします。
c0043124_10432093.jpgこの金曜日から週末にかけてKAVCにて行われる舞台「TWO DASH」で、前座でトークすることになりました。って、ついさっきメールがあったんだけど。開場後の客入れ時にトークするそうです。

公演詳細はTWO DASHホームページから!

それにしてもKAVCにいくの久しぶりだなあ。去年のミステリーツアー以来かな?いや、「リトル・ウェンズデイ」の稽古とかで行ってるかな?

僕の神戸での初舞台はKAVCシアターでした。赤鬼の小劇場theBEST「努力しないで出世する方法」でしたね。これはよく憶えてます。神戸方面で舞台出演するのは初めてだったので、なんだかすごく緊張してました。その後、クリスマスに2週連続企画で「Silent Knight」に出演して、僕も劇団赤鬼のメンバーになったというわけです。こっちは初KAVCホールでした。
[PR]

by soezimax | 2005-02-23 11:12 | 俳優の日々
2005年 02月 22日
ヨシ狩り
c0043124_121436100.jpgヨシ狩りにいってきました。っていうか「ヨシ狩り」って何?って感じですよね。

イネ科の多年草で水辺に自生する。地下の長い根茎から高さ2メートル以上に達する稈(かん)(茎)を出し、群生する。葉は二列に互生し、ササの葉に似る。秋、ススキに似た大きな穂を出す。稈は簾(すだれ)やよしずにする。「あし」が「悪し」に通ずるのを忌んで、「よし」ともいう・・・だそうです。

ヨシ狩りでは淀川に広がるヨシ原を切り倒して、そこにある良質のヨシを集めるのです。オギっていうまるで同じようで違うものとも区別しないといけない。で、切り倒した後は、川原に火をつけて焼き払います。焼畑農業みたいに植物生態系を活性化させる効果が得られ、自然による環境浄化効果もあります。これはどうやら毎年行われているようです。たしか今月27日に焼くことになっているはずです。恒例行事なので、見物客もたくさん来るみたい。。


c0043124_1238636.jpg先日、吉祥寺でお茶した大御所も参加するので、ぜひ来てちょうだい!ということで、我が劇団赤鬼からも竹田を引き連れて参加することにしました。ヨシ狩りユニット結成です。このヨシりというもの。鵜殿のヨシ原を保護調査している団体のホームページから知ることができます。詳細はこちらのホームページを見てください。

この日は10人ほど参加し、高槻の鵜殿という川原でヨシ狩りしました。まず草刈機によって切り倒され、そのあとに人手でヨシだけを選別して集めるのです。

防寒着に身を包んで、それぞれがヨシ集めに散ります。さすがに広大な川原は静かで、さわやかな空気が流れていました。風は冷たかったですが、冬晴れのいい天気でした。日差しが強かったので、ちょっと日焼けしたかも?


c0043124_1239417.jpgヨシを拾い集めて、最後は縄で括って運びます。集めて保管し、紙やヨシズ、船(ヨシ船)を作る材料にするのです。この日は軽トラック2台分くらい集めることができました。

このヨシ船というもの。古代から船を使って移動していたという先住民のルーツを探るカギだったりします。ヨシを材料にすることで安定感が増し、この素材から出る、計り知れない「何か」を感じれるらしいです。ニュージーランドでは大型のヨシ船を作り、長距離外洋航海を実践されたそうです。ヨシ船はこんな感じ・・・。検索かけると色々と出てきます。

このヨシという植物は自然浄化能力があって、川をキレイにしたり空気を浄化してくれるようです。川原はいい遊び場だし、植物、動物たちの生命が息づく空間でした。人口集中によって環境汚染された川のケアを進めることは、今後の都市生活において大切な要素だなと感じました。京都議定書も執行されたことですし、環境と生活とを良い関係にできる社会へとシフトしていけたらいいですよね。
[PR]

by soezimax | 2005-02-22 12:55 | いろいろ
2005年 02月 21日
雨が多い季節
c0043124_1752049.jpg季節の変わり目はどうしても雨が多くなります。とくにこの季節は冷たい雨が降りますね。

夜に雨が降ると、濡れた路面とかが照明や光に反射してキラキラします。
思わぬ光景になったり、ドラマティックな風景になったり。
まあ、この時期は寒くてイヤなんですけど・・・。

東京行きは空き時間を利用して「TWO DASH」の稽古場を見学。腹筋さんを訪ねていって、他にも懐かしい人にも会え、いろいろと刺激もらいました。夜は吉祥寺で大御所とお茶と雑談などしてました。
[PR]

by soezimax | 2005-02-21 17:14 | いろいろ
2005年 02月 21日
奇跡を呼ぶ男
c0043124_10203447.jpgたまたま人の家でWOWOW放送でやったたのを途中から観て、そのあとにちゃんとビデオ借りて観た映画。たまにこんなことあります。

「奇跡を呼ぶ男」
スティーブ・マーチン主演。伝道師(聖者?)として活躍するのが主人公。イベントチームを組んで旅興行を続けて、行く先々で伝道ショーを開いて寄付を集めている。ショーの最中に奇跡(ちゃんとトリックが有る)を起こして信じさせる手口を使っていた。たまたま立ち寄った田舎町では雨が降らずに農作物の収穫が心配。奇跡を待っていた住民のもとに伝道師がやってきた!というストーリー。

すごく面白い!というわけではないけど、オチ部分が好きで印象に残った映画です。ストーリーは断片的にしか憶えてないや。でも、スティーブ・マーチンのイケてそうで、イケてない中途半端な詐欺師が良かったです。
[PR]

by soezimax | 2005-02-21 10:33 | 映画 / MOVIE
2005年 02月 18日
Do you have a Honda?
c0043124_13353866.jpgイエス、アイ、ハブ。
ソエジマ所有のエンジン付き乗り物はすべてホンダ製です。なぜかそうなってしまいました。一時期バイクはカワサキが最高!と思っていたのですけど、いまはホンダがピッタリな感覚です。思えば初バイクもホンダ製だったなあー・・・。

実家に帰ったら、いつも家にある「カブ」を借りてプチ・ツーリングします。外海というお気に入りの場所にいったり、野母崎のほうの海へ行ったり。どっちみち田舎のほうなんで、交通量の少ない道を、カブでトコトコと海を横目に走れるのが最高です。この日は西端の灯台まで行きました。


c0043124_13405728.jpg走っている道から青い海が目の前に広がります。カブは原付だから、そんなにスピードがでないワケで、そこが適度に風景を楽しめる要素でもあります。

とりあえず、このまま走っていくか。

そんな宛てのないプチ・ツーリング。なんだか南の国って、空気も時間もゆったり流れているんですよねえー。このまま先のほうへ見える岬へと走ります。ずっと海岸線沿いを、とにかく、ひたすらにトコトコと。暖かい日差しを浴びながら、iPodからはジプシー・キングスが聞こえてます。


c0043124_1358445.jpg海で道が途切れているところまで走っていって、そこからグルっとUターンして帰り道にしました。今度は反対側に海が見えて、だんだんと傾いた日差しがキラキラと海を光らせます。これから夕日が海を紅く染めていきます。

うーん、キレイだなあ。
素晴らしいなあ。

やらなアカンなあ。(何を!?)
[PR]

by soezimax | 2005-02-18 14:00 | いろいろ
2005年 02月 17日
ちょっと東京まで・・・
c0043124_12312185.jpg今日はいまから東京へ行ってきます。ちょっとした用事ができ、急遽行くことに決定。せっかく行くので、どこかしら寄る段取りも考えつつ・・・。

上野の科学博物館、また行きたいにゃー。

このフロアの展示は圧巻ですよ。圧倒的なボリュームで迎える入口で、ソエジマは立ちすくんでしまいました。野生動物たちが生きているかのような空気をいっせいに放っている空間でした。

うわ、なんだろう・・・?
野生動物に囲まれた時の緊張感?
みたことのない空間への違和感?
絶滅の危機にある野生動物たちの念?

いろんなことを感じれる展示で、博物館の領域を超えてた。これぞ博物館の最先端。とにかく「見せる」ことへのクリエイティビリティ魂が炸裂。子供の頃、あこがれてた科学博物館がここにある。やっぱ時代とともに「見せ方」も変化しないとね。
[PR]

by soezimax | 2005-02-17 12:42 | いろいろ
2005年 02月 16日
トゥルー・ロマンス
c0043124_14393049.jpgスレーター、好き。タランティーノ、好き。そんな人にはタマラン映画。

「トゥルー・ロマンス」
トニー・スコット監督。脚本はクエンティン・タランティーノ。
娼婦と恋に落ちた青年がヒモの男を殺したことから、マフィアと警察と麻薬がらみのトラブルに巻き込まれるというストーリー。一攫千金の計画の結末がクライマックスとなる、情熱的なクライム・ストーリー?ところどころにあるなにげない会話や出来事のほうが、ソエジマには印象的でした。

タランティーノ作品「レザボア・ドッグス」を観たあとにコレをみました。そして彼のセリフ作り、会話作りのセンスに感動。自然だし、登場人物が印象的に演じてます。あ、ブラッド・ピットとゲイリー・オールドマンも出てます。うわ、よく考えたら、この映画のキャストってすごい豪華・・・。
[PR]

by soezimax | 2005-02-16 14:52 | 映画 / MOVIE
2005年 02月 16日
カフス!
c0043124_1019296.jpgタイトルに「!」マークがつくと、なんだか活気があるように感じますね。赤鬼にも「!」マークがつくタイトルがチョロチョロあります。

「カフス!」
クリスチャン・スレーター主演。ヒロイン役は「ジャンヌ・ダルク」とか「バイオ・ハザード」のミラ・ジョボビッチ。彼女はきっとこの作品が映画デビューくらいなのでは?市民警察として警備区を取り仕切っていた兄とフリーターの弟。兄が土地争いに巻き込まれて殺害されたのをきっかけに、警備区を引きついて事件の真相を探る・・・という物語。でも全体的に軽く面白いつくりになってます。ソエジマはこの映画でのスレーターにハマってました。

音楽のノリで一気にみせるオープニングとかテンポのいい映画です。なによりもスレーター扮するジョージ・カフスがカメラに向かって状況説明とかしゃべりだします。でもこの大胆な演出のおかげで、スレーターの魅力が増してます。マイナーな映画なので、知っている人は少ないだろうなあ。DVDも出てないみたいだし。とにかく感性あふれる映画でね、ソエジマは大好きなのです。
[PR]

by soezimax | 2005-02-16 10:31 | 映画 / MOVIE