2008年 09月 21日
思考より感覚、技術より感性、そしてソウル。
c0043124_1962534.jpg

思考することは大事である。それによって想像力が膨らむし、多角的にも客観的にも自分や作品を見れる。技術もあったほうが良い。自信に繋がるし、表現の幅が広がる。

でも、やっぱ感覚。
でも、やっぱ感性。

ここを研ぎすまして表現に繋げる。
舞台や現場って、そこで勝負してると思うんだな。
最終的な自分のよりどころは魂(ソウル)だとも思うしね。

今日はわりあい大きめの劇場にダンスの舞台を観に行ったのだが、このへんを強く考えてしまう内容であった。ダンスみたいな身体表現の極み的なことができる人は尊敬します。身体がよくあんなに動くもんだと。文句なしにカッコいいなーって思うんだな。うん、すごい、憧れちゃうなあ。

でも、今日の舞台は「思考+技術」のステージだったように感じたんだよね。生(ライブ)だからこそ伝わるものもあるだろう。そこを感じれたり、伝わって来たりするのが楽しいんだけどなー。で、上で書いたみたいなことを、改めて考えてみたりしたのです。
[PR]

by soezimax | 2008-09-21 19:46 | いろいろ


<< 遅まきながら「聖☆おにいさん」2巻。      ふとしたことで。 >>