2008年 02月 07日
翔ぶが如く
c0043124_848117.jpg1990年のNHK大河ドラマ「翔ぶが如く」。幕末の薩摩藩を舞台にしたドラマ。西郷吉之助と大久保一蔵の二人を主役に物語が展開していきます。いまCATVの時代劇チャンネルでやってるの。

このドラマ、尊敬する俳優さんたちが多く出演しております。もう20年近く前だから、みんな若いんですよ。だからこそギラギラしてて魅力的。思わぬところで思わぬ人がキャスティングされてたりして、そういう発見も楽しい。

たまたま観た回は、薩摩藩の同志討ちのエピソードでした。いわゆる「寺田屋騒動」ね。蟹江敬三さんが・・・いやーん、素晴らしい。決起に走る藩士たちを説得するんだけど・・・うわわー、泣けるー!いやあ、いいドラマだなあー。

思えば90年といえば大学生でした。当時はこのドラマを観てなかった。放映していたのは知ってたんだけど、この頃は幕末という時代背景に興味がなく、またドラマ自体にもそれほど興味がなかったんでねぇ・・・。

まあでも、当時は観てても、こういう感覚にはならなかっただろうなあー。年齢と共に感覚は変わっていくものです。ましてや芝居の世界に関わるようになってからは、思いっきり変化してますしね。共感できるポイントも増えているんだろうな。
[PR]

by soezimax | 2008-02-07 09:09 | いろいろ


<< お知らせニンニン。      旅番組の情報。 >>