2007年 08月 26日
月影先生やってました。
c0043124_055385.jpg世田谷文学館での劇団つきかげ公演、本日で全スケジュールを無事に終了しましたー。ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。今日は千秋楽ということもあり、前回のステージよりも多くのお客さんにご観劇いただけて、かなり盛り上がりました。最後は美内さんからのご挨拶もあり、その後はサイン会もあったしね。

で、まあ、やっと画像を公開するんですけど、ソエジマはこんな感じで「月影先生」をやっておりました。ソエジマが月影先生をやることになりましたのは・・・

「舞台で月影先生なら男の人にやって欲しいの。だからソエちゃん、どう?」

・・・と、美内さんからのオファーがありまして・・・。最初はどうなるかなー?と心配でしたが、楽しく盛り上げる演じ方ができたので良かったです。美内さんも喜んでくれましたし、ご覧いただいた皆さまも口々に「面白かった」とおっしゃっていただいのでね。

c0043124_22422144.jpgでまあ、ネタバレになるので画像公開を控えてましたが、こんな感じだったのです。ソエジマ、初の女役でした。メイクは濃い目、付け睫毛も初めてだったなー。髪も伸ばしていたし、付け毛と馴染んでちょうど良かったですね。

劇中ではかなり好き勝手にいろいろとやっちゃいましたが、月影先生のシーンはいいアクセントになってたのではないかな?なんせ月影先生登場シーンは台本には「稽古をしている劇団つきかげに月影先生登場」という具合にしか記述がなく、作・演出のなるせゆうせい氏からは「ソエジマさん、ここはおまかせします!」と一任されてしまったシーンなのでした。考えた結果、もう楽しんでもらえるシーンにしてしまえ!と思ってね、ご覧いただいた方はおわかりかと思いますが、かなりはっちゃけた月影先生にしてしまいました。でもでも、真剣に月影先生だったんですよ。

そういえば、千秋楽は終演後に記念写真を撮影をするっていうので、衣裳・メイクのままロビーで待機していたんです。そしたら皆さんから写真を撮ってよいですかー!ということになりまして、そのまま一緒に写真を撮られたりしてました。まるでワンフェスのコスプレしている人な感じになってしまいましたよ。そして「普段はどこかで舞台やっているんですか?」なんて聞かれたりしましたが、中には「芸人さんですか?」と質問されてしまい・・・「いやまあ、役者をやってまして・・・」なんて受け答えすることも2度ほど・・・そうかあー・・・。
[PR]

by soezimax | 2007-08-26 00:56 | 俳優の日々


<< 新聞記事      つきかげ、ファイナルステージ。 >>