2007年 07月 06日
ラスト・ラフ。
c0043124_2354069.jpgシアターBARAVA!に三谷幸喜・脚本「The Last Laugh ラスト・ラフ」を観にいく。英語劇で、むこうの人が大胆に脚色した「笑いの大学」。当然、演じるのも外人さん。まあ、「笑いの大学」英語バージョンといったところかな?なんて前知識だけで観てきました。

いやあ、面白かったー!字幕付きの舞台は初めてだったけど、違和感なく楽しめました。そして脚色・構成がむこうっぽくて良かったのと、「笑いの大学」のベースとエッセンスを活かしたまま、まるで違うオチにしているのにも好感が持てました。最後のシーンは「おおお、こうくるか・・・」とちょっといい感じにビビりましたよ。英語劇だけに外人さんのお客さんも多かったね。カーテンコールは鳴り止まない拍手に何度も挨拶に出てきて、スタンディングオベーションが広がりました。いやあ、いい芝居を観れて嬉いな。

満足度たっぷりに劇場を出て、帰りすがらに一緒に観劇していた土性くんと、サブウェイでサンドを食べました。いつも食べたことがないものを・・・と思ってるんだけど、またケイジャン・チキンを頼んでしまった。美味しかったけども、どうもワンパターンだなあ。
[PR]

by soezimax | 2007-07-06 00:05 | いろいろ


<< 琵琶湖ホール      ロック、ストック&フォー・スト... >>