2007年 04月 27日
アクトリーグ関西・第6戦を観劇。
c0043124_1055443.jpgなんだかバタバタしてて更新がズレ気味なのですが、関西アクトリーグ・第6戦を観劇してまいりました。相変わらずギリギリ・・・というか、始まってすぐくらいに会場へ飛び込めました。会場は満席で、最後列の後ろから立ち見となりましたが、関東から我がチームミラクル・アクト・スターズの北方監督やデビルドリームのカズトくんも来てて、そのまま並んで一緒に観劇することに。で、つつがなくオープニングアクトも終わり、いよいよ本戦が始まりました。

詳しい内容はアクトリーグのホームページをご覧いただくとして、結果的にセブンバレッツが雪辱を果たすということで終了しました。ただ、彼らにとっても勝利感はかなり薄いような印象でしたね。もっと楽しんでいこうよーって思ったり・・・。考えるな!感じろ!とブルース・リー先生も名言を残してらっしゃいます。いやあ、本当に名言だなあ。

ソエジマが関東シリーズで3戦出場して感じていることは、次回はどうなる!みたいな期待感が強いことです。出場しているメンバーもお客さんもサポーターの皆さんも、なんか次への進化や発展といった期待感があるように思います。自分自身、どうなるんだろう?って不安よりも期待をしてしまいますしね。台本がないからこその予想外のドラマに遭遇できたら、そりゃあ楽しいものですよ。実は役者の基礎的なところを大いに使っているのがアクトリーグだと思うんですがね。
[PR]

by soezimax | 2007-04-27 11:27 | いろいろ


<< IQ5000「スクランブルエッ...      ザ・ワールド・オブ・ゴールデン... >>