2006年 02月 20日
埋立地のパトレイバーな風景
c0043124_12375698.jpgちょっとロケハンに行きまして、舞洲まで足を伸ばしてみました。湾岸沿いの埋立地にくると、どうしても「パトレイバー」を思い浮かべてしまいます。短い時間でしたが天気も良かったので、ウロウロしながら海など眺めてました。広くて閑散としている埋立地の岸壁から、船がゆっくりと荷船を牽引していく様子などを見ていると、ずっぽりと押井ワールドに入っていくような気分になります。

ソエジマは地元が長崎なので港にはなじんでいるんですけど、都会の埋立地というのは、田舎の港町とは違う人工的な世界観と、独特の虚無感というか、そんな雰囲気がありますね。その広大さというか、土地が持っている巨大さにドラマも感じるんだけどな。立派な道路とかあるんだけど、街と違って人も車も少ないから妙にキレイだったりするし、そういうところにウソっぽいというか、現実味がない人工的な違和感も感じます。ああ、そういう身近にあるものだけど、そこに違和感を感じるからドラマティックなのかな?なにか企みがありそうな雰囲気なのよね。
[PR]

by soezimax | 2006-02-20 13:24 | いろいろ


<< オールド・ボーイ      メイルシュトロム活動中 >>