2006年 02月 07日
レボセブ楽屋は仮想ライブハウスと化す。
c0043124_14225423.jpgソエジマはいつも楽屋で音楽をかけています。小型スピーカーを持ち込んで、iPodにつないで流しておるわけです。意外に楽屋にいる時間が長かったりするし、そんな待ち時間をなごやかに過ごしたいので、音楽をかけているのです。

そしてたまにみんなのツボに入るテンションがあがる曲が流れたりすると、異様な盛り上がりが沸き起こることがあります。・・・というか、この二人が異様でした。今回のTVクルー役のチームは誰もが80年代ロックバンド風な髪型だっただけに、ちょっと音楽がかかると踊りだすというネタが大流行。もう踊る踊る!歌う歌う!本番前にピークを迎えるほどのテンションの上がりようでした。

ちなみにこのときにかかっていた曲は岡村靖幸「SUPER GIRL」でした。シティーハンターのエンディング曲だったねー。もうマサが歌って踊って、ひとりライブ状態でした。拓朗さんもノリノリでした。ソエジマはそれを一番いいところで見ているお客さんでした。マジで大笑いしました。というか、二人とも迷彩パンツやん。

c0043124_14303444.jpgそんなライブ会場と化した楽屋では、まだマサの一人ライブが続いています。iPodをシャッフル設定していたので、次は何がかかるか楽しみだったのですが、またまたテンションのあがる曲が流れました。TVアニメ「スペース・コブラ」のオープニング曲。大野雄二作曲のイントロでグッとくる曲です。当然のごとく土性くんは反応します。

楽屋にはコブラがいました。土性くんはスペース・コブラになっていました。服装は土性くんのままです、髪型もフォルガンのままです。でも彼はコブラになっていました。かなり太めのコブラです。ヒゲも濃い目のコブラです。ヒゲコブラです。そして、ニヒルかつ異様に陽気なコブラです。

コブラの武器「サイコガン」を表現するために自分をブーツを左手に突っ込みます。土性くん、それはコブラか?音楽にあわせてブーツをゆっくりと抜いて、サイコガンを見せます。手だよ、土性くん、それは普通の手だよ。土性くんは容赦なくライブを続けます。もちろんこれらの演技をしながらも歌い続ける土性くんです。楽屋は爆笑の渦です。まさかコブラでこれほど盛り上がるとは・・・。
[PR]

by soezimax | 2006-02-07 14:40 | 俳優の日々


<< そんなわけで「レボリューション...      皆さま、差し入れ、ありがとうご... >>