2005年 10月 04日
Cheriの楽曲レコーディング
c0043124_1251469.jpg夏に撮影して現在制作進行中のショートフィルム企画。以前、このブログでもいろいろとレポートしておりましたのですが、この度Cheriの関西ライブツアーにあわせて挿入歌のレコーディングを行いました。このショートフィルム自体が歌ありきのPV風な作りとなっていることから、Cheriの楽曲がストーリーというか作品の柱となっています。歌のテイストなど、内容はソエジマとディスカッションしつつ、お互いのイメージをすり合わせていくという感じでした。が、実際はソエジマが彼女からのリターンにいい影響を与えてもらって、イメージが膨らんでいったという感じでした。

さて、その楽曲のレコーディングですが、新大阪ココプラザのMAスタジオで行いました。この施設は関西トップクラスの設備を誇るスタジオで、アテネオリンピックのシンクロ競技で使用した音楽もここでレコーディングしたとのこと!すげえ、すげえよ、ココプラザ。

c0043124_12213778.jpg今回のショートフィルムにはCheriの楽曲が2曲使用されてます。挿入歌とエンディングテーマね。レコーディングはボーカル収録をメインに進行していきました。こんな画像のように、Cheriがレコーディングブースでひたすら唄い、スタジオのほうでスタッフが色々と打ち合わせをしていく・・・てな段取りでした。

ディレクターは児島塁にお願いして、ソエジマは後ろのソファーに座って「いいんじゃない!」という役でした。だって、ものすごくプロの音楽やっている人たちのハイレベルな会話ばっかりでね、もうソエジマにはチンプンカンプン。感覚的に素直に聞いた印象だけを伝えてました。

それにしてもボーカルの収録だけとは言え、ものすごいクリエイティブな時間でした。実にさまざまな試行錯誤が行われ、それぞれが歌が持っている世界と、どの方向へ向かうのかを感じながら創っていく様子が感動ものでしたよ。いやー、深いわ。全然知らない世界だったけど、すごくいい経験になりました。

c0043124_12291472.jpg最後は劇中に使うインストゥルメンタルの曲を収録。これはもうアドリブでCheriにピアノを弾いてもらいました。作品の冒頭のイントロ部分で使う1分くらいのピアノソロが欲しかったので、イメージを伝えてその場でアレンジ。こういうことがすぐにできちゃうのもスゴイです。

ピアノの音だけがスタジオに響いて、すごくいい雰囲気でした。ピアノの音って心地いいものですねー。またレコーディングした音がクリアでいいんですよ!いや、当然なんだろうけど、生のピアノの音がちゃんと入っててね。作り物じゃないちゃんとした音があるだけで、グッと作品のクオリティがあがる予感がします。

荒編集したDVDをかけながらレコーディングしてたんだけど、かなり完成のイメージが明確になってきました。いちおう11月中旬を目処に完成させるよう進行する段取りです。いずれ皆さんにちゃんと観て頂くことができると思いますので、そのときまでお楽しみに。
[PR]

by soezimax | 2005-10-04 12:39 | いろいろ


<< UNIT青鬼のDVDを見直して・・・      岡山での「ミャンマーの唄声」。 >>