2005年 09月 20日
能勢町ユーベルホール公演終了。
c0043124_118222.jpg今日は能勢町ユーベルホールでの「ミャンマーの唄声」公演でした。これがこのツアー初日!舞台のほうは無事に終了し、初日打ち上げのような飲み会も開かれました。いよいよツアーが始まります。

作品のほうは「ビルマの竪琴」をベースに、脚色・演出された舞台劇です。松竹新喜劇の流れを組む人情喜劇として脚色されておりますが、日本人に馴染み深く、かつ共感を得られる作品が基となってますので、この「ミャンマーの唄声」も大変好感を持って迎えられたようです。終演の幕が降りるころ、客席のあちこちからすすり泣く声が舞台まで聞こえてきました。

c0043124_124317.jpg終演後は明日のための準備&積み込みをして終わり。手際よくトラック一台で荷物を移動します。明日は千里中央のよみうり文化ホールでの公演です。どうやら会場的にはここが一番大きいとのこと。

画像は能勢町ユーベルホールを後にする赤鬼ミャンマー軍団。今日の帰りは、この5人でクルマ一台にギュウギュウ詰めで移動しました。帰り道すがら、ふと「このまま事故で5人が入院したりしたら、この公演はきっと中止になるだろうなあ・・・」などと考えてしまいました。もちろん安全運転を心がけておりますよ。ええ、ご安全に!

赤鬼「a_maze」のフェスティバルホールでの公演のほうも、準備がちゃくちゃくと進行しているようです。なにせ急に決まったことなので調整等に時間がかかっているらしく、公式に時間などの詳細が決まるのに、もう少し時間がかかるとのことでした。というわけで、フェスティバルホール狙いの皆さんは、しばしお待ちくださいね。
[PR]

by soezimax | 2005-09-20 01:33 | 俳優の日々


<< 今日は千里中央、よみうり文化ホ...      ジョーダンは能勢(よせ?)。 >>