2005年 08月 18日
ちょいと実家(長崎)へ・・・。
c0043124_037243.jpgお盆の供養もかねて実家へ帰省しました。お盆の時期に実家へ帰るのは、たしか祖母の初盆以来かな?あいかわらず長崎のお盆は精霊流しが熱く繰り広げられました。

うちは普通のお盆なので、お墓を掃除して線香あげて、夜に「こも」と呼ばれる供え物をまとめた荷物を持って、海岸に流しに行ったくらいです。夜の岸壁沿いを「こも」を持ってダラダラと歩いていくのが、なんか懐かしくて情緒のある時間でした。

実家に帰ってすぐに福岡の友人が訪ねてくることになったので、そのまま夕食は皿うどんの大皿を囲むことになりました。久しぶりの実家の皿うどんは美味かった!刺身も何もかもが本当に美味しいねー。なんでだろう?九州ってどこ行っても食べ物が美味いよなあ。

ソエジマ家では「皿うどん」はいつも大量に作る慣わしがあります。この日はまだ控えめに12人前くらいで作りました。画像のように中華鍋にあふれんばかりの「具だくさんのあんかけ」です。鍋を振るのはソエジマの役目。テーブルの上に置かれた揚げ麺で山盛りの大皿にかけていきます。これが美味しいの!もうこれを食べないと実家に帰った気がしないくらい。

ちなみに後ろで可愛いエプロンしている後姿を見せているのは母親ではなく、同じくこの日に熊本から訪ねてきた叔母ちゃん。ソエジマ母は10人兄妹!この人、下から2番目。ソエジマ母は父親(ソエジマの祖父)が50歳ちょいくらいの時の子供なそうな。
[PR]

by soezimax | 2005-08-18 00:48 | いろいろ


<< ちょいとビジュアル撮影など。      竜馬の妻とその夫と愛人 >>