2010年 09月 16日
テノヒラサイズ「人生大車輪」を観劇。
c0043124_025409.jpg

「3x3=3 待ち時間。」の脚本を担当しているオカモト國ヒコ率いる劇団テノヒラサイズ。
HEPホールでの「人生大車輪」公演を観劇してきました。
密室で繰り広げられるダイナミックな人生の悲喜劇。
面白かったー。

この日は耕陽さんと待ち合わせして観劇。
「待ち時間。」の台本もできているところまで読んでもらう。
2ページ目で声出して笑ってた。
今回もオカモト國ヒコ脚本の良質コメディになりそうです。
いまから稽古が始まるのが楽しみだよ。

そうそう、「人生大車輪」の劇中でカート・ヴォネガットが出てくる。
SF小説家で、ソエジマは大学時代にこの人の作品を読みまくった。
先輩の部屋で見せられた映画「スローターハウス5」の影響なのだけどね。
この映画の原作がヴォネガットなのだ。
なんだか当時のことを思い出し、かつヴォネガット作品の面白さも思い出した。
原作も映画も面白かったんだよなあ、「スローターハウス5」って。
[PR]

by soezimax | 2010-09-16 00:24 | いろいろ


<< 最高だぜ、この餃子ってやつは・・・。      本日のビール「キリン秋味」 >>