2009年 07月 19日
太宰府天満宮の参道沿い。
c0043124_1085064.jpg子供のころは毎年お正月に太宰府天満宮へ参詣してました。父が大宰府からスタートする三社参りをしていたの。そのクルマに乗って、かなりの早朝からお参りツアーに同行してたわけです。お正月、参道へ続く道は出店が多くて、お祭りみたいだったなあ。

で、久しぶりに大宰府にちょっと立ち寄ってみた。このへんもすっかり変わってしまってたなあ。道とかキレイになってたね。国立の博物館も出来ててビックリでした。

そういえば、その正月の神社参りで見ていた風景で印象的だったことがある。これは大宰府ではなかったけど、帝国陸軍の傷病兵の格好でアコーディオンを弾いていたヒトたちがいた。片腕、あるいは片足がなく、戦傷によって生活が困窮しているから寄付して欲しいと訴えていた。最初に見た年から数年は続いていたように思う。

もうあんな光景はないだろうけど、印象深い風景でした。また正月に行ってみたいな。あ、七夕前に行った大宰府天満宮では「猿まわし」やってました。生で観たのは初めてだったよ。
[PR]

by soezimax | 2009-07-19 10:56 | いろいろ


<< カルボンさん、はじめました。      うううー、逝ってくれるな、G5よ。 >>