2008年 11月 30日
寒さ対策の秘密兵器。
c0043124_1045312.jpg時代劇ロケは寒い。山は雨がよく降るし、早朝は霜が降りて地面が濡れる。地下足袋を履けるとはいえ、濡れた地面からはじわじわと水がしみ込んでくるのだ。手先、足先はどうしても冷たくなっちゃう。待ち時間や移動中、ここから体温を奪われてしまうのだ。体温を奪われると体力を消耗する。すると撮影への集中力も落ちてしまう。

手先は手袋をすればなんとかなるけど、足先は衣裳だし、靴下にカイロを貼っても水の侵入は防げない…。ううむ、どうしたものか?と準備をしていて思いついた!そうだ!コンビニの袋じゃ!「スナッチ」でジェイスン・ステイサムたちがやってた靴カバーを作るのじゃっ!…って、思いついたの。

画像のように足元をすっぽり覆いかぶせて縛る。すると水の侵入を防げるうえに、熱がこもってきて暖かい!おおお!これは快適!とりあえず1日くらいは十分に寒さをしのげるアイテムになった。すげーじゃん、大発明だよ。このロケにはピッタリの寒さ対策じゃよー。…って、予想を越える効果に喜んで自慢していたけど、最後まで誰もマネしてくれなかったよ。本当に暖かかったのになあー…。
[PR]

by soezimax | 2008-11-30 10:54 | いろいろ


<< 共演者とのタコ焼き。      紅葉最前線。 >>